リングピローは必要なの?

結婚の儀式の為にはやっぱりあった方がいい

教会式の挙式をする時、指輪交換の時まで結婚指輪をリングピローに乗せておきますよね。小さな四角のクッションにリボンがついているものです。意外にそのルーツは古く、古代エジプト時代にまでさかのぼります。最近は手作りキットも販売されているので、自作した人も多いのではないでしょうか。リングケースも結婚指輪にセットでついてくるので、これをそのまま流用すればいいように思えますが、それだとあまり見栄えが良くないんですよね。挙式のプログラムの中でも指輪交換はとても大事な意味を持つので、できればリングピローはあった方がいいでしょう。リングピローがあれば、かわいいリングボーイを登場させる挙式演出もすることができますよ。

リングピローの意外な使い道

結婚式が終わったら、リングピローはどうなるのでしょうか。家の中で結婚式の写真と共に飾るくらいしか使い道がないのではと思われるかもしれません。最近はリングピローの種類も増え、カボチャの馬車などのおとぎ話のモチーフを取り入れたものもあるので、実際におしゃれなインテリアとして使えます。しかし、実は意外な形で活躍の道があります。夫婦の間に生まれた赤ちゃんが最初に使うファーストピローになるんですよ。結婚式のリングピローを人生最初の枕として使った赤ちゃんは、健やかに育つという言い伝えがあります。手作りをする場合は、ファーストピローにすることも前提にしておくといいですね。自分の友人や娘が結婚する際にサムシングオールドとして渡す方法もいいでしょう。

© Copyright Wedding Couple. All Rights Reserved.